運営:NPO法人維新隊ユネスコクラブ TEL. 070-5460-5172
ステップアップ塾は、家庭の事情で塾に通えない
小・中学生のための「食事つき・個別指導型無料塾」です。
ステップアップ塾は、経済的な理由はもちろん、DVや離婚などの複雑な家庭環境、不登校や学級崩壊による学校環境の問題などさまざまな理由で思うように勉強ができず、また塾に通うことも出来ないため学校の授業についていけなくなった子ども達に、学力向上のチャンスを提供し、社会に役立つ人を育てることを目的としています。
「次世代日本は貧しい国!?」
生まれ育った環境によって
生じる、教育格差のリアル

時計が読めない
高学年児童

小学5年生のある児童は、上記アナログ時計の問題(小学2年)が解けず、全問正解するまでに15分かかりました。

四則計算で
つまずく中学生

小学生低学年時につまずいた足し算や引き算。中学生になってからも影響している生徒は少なくありません。

bとdが逆になる
中学3年生

アルファベットは塾で予習している生徒が多いため学校では質問がしにくく、苦手意識に変化するのです。

家庭と学校教育に潜む、
教育格差の原因と背景
私たちは2014年の開塾以来、独自アンケートを実施しながら教育機会の不平等(教育格差)が起こる根本的な原因を調査してきました。

近年の報道では、どうしても塾など学校外教育の費用に直結する所得格差に目が向けられがちな学力低下の原因ですが実際は、
①学校環境を起因とする場合
②家庭不和を起因とする場合
③所得格差を起因とする場合
に集約され、それらが複雑に絡み合っていることがわかりました。

「まるで学校!?」
学力向上につながる
当塾の強み

さまざまな原因要素が絡み合う子ども達の学力低下の現状に対し、当塾では子ども達の学力向上のため、独自の4カリキュラムを実施しており、有名都立高校への合格者や検定合格者を輩出しています。

①学習支援
目的:学力向上=大学生・高校生ボランティア講師による、専用教材を用いた個別学習指導

②給食
目的:心身の成長
=調理ボランティアによる作りたての給食の提供と、挨拶や食事マナーなどの指導

③課外授業
目的:コミュニケーション力の向上
=ゲーム性を取り入れた清掃活動やお茶会など、さまざまな世代交流の推進

④“ココロ”メンテナンス
目的:自己肯定感の向上
=授業前のSST(ソーシャル・スキル・トレーニング)や有資格者による無償個別カウンセリングなど、メンタルケアの導入

ステップアップ塾について

当塾は都営大江戸線牛込柳町駅から徒歩6分、または東西線神楽坂駅から徒歩9分の場所で、年末年始と祝日を除く毎週木曜17時30分から21時まで運営しています。新宿区の元保育園施設であった建物を委託管理している他団体NPOから、毎週有償教室を借りて利用しています。
会場:東京都新宿区北山伏町2-17

当塾の使用教材は、30年以上に亘って多くの合格実績を誇る教育社教育グループの通信教材「トレーニングペーパー」です。
子ども達がつまずいた学年にさかのぼり、苦手意識を感じた単元の問題から復習を行うため、塾生は顕著に成績が向上します。

当塾に通う塾生の約9割はひとり親家庭の子ども達で、そのうちの約6割は年収135万円以下の家庭の子ども達です。(※)
私たちは、育ち盛りの子ども達がお腹をすかせたままでは学力向上を望めるはずもないと判断し、地域企業の㈱八洋様や東京ワセダロータリークラブ様、らでぃっしゅぼーや㈱様やセカンドハーベストジャパン様の食材協賛を受け、ボランティアスタッフと生徒保護者が協力して調理をし、美味しくて栄養満点な出来立ての給食を提供することができています。

当塾は、塾生の家庭から課税証明など年収の証明できる書類と、家族全員が記載されている住民票の提出を入塾条件としています

当塾の使用教材は、30年以上に亘って多くの合格実績を誇る教育社教育グループの通信教材「トレーニングペーパー」です。
子ども達がつまずいた学年にさかのぼり、苦手意識を感じた単元の問題から復習を行うため、塾生は顕著に成績が向上します。

合格実績と成績向上の実例
◆高校受験:都立白鴎高校、都立清瀬高校 ほか

◆数検:小学6年生で準二級に合格

◆英検:中学2年生で英検3級合格、小学5年生で英検4級合格

◆志望高校合格率:約8割
収支内訳 ※2015年度
収入:1,507,789円
寄付金:845.289円
助成金:100,000円
事業収入(月謝、合宿参加費、出店売上含む):562,500円

支出:2,040,844円
給食費及び会場費:1,364,530円
交通費(ボランティアスタッフ交通費等)358,823円
交際費:56,951円
会議費:115,325円
消耗品費:100,301円
雑費(通信費、保険料、等):44,914円

※2016年度収支内訳は、2017年6月の東京都提出以後に公開予定
運営実績と今後の計画
2014年 早稲田のフリースペースで開塾。
年間47回実施。塾生22名・学生講師9名。
2015年

早稲田2クラス+下北沢のフリースペースで各クラス
年間47回実施。塾生44名・学生講師30名。

2016年 会場を新宿校(現在会場)に集約。
年間40回実施。塾生42名・学生講師55名。
2017年 《現在》
新宿校に低学年クラスを増設。
年間40回実施予定。
塾生55名(最大)・学生講師50名体制を予定。

2018年 2017年度運営+特進クラス(英会話)の開設を予定。
2019年 2018年度運営+調整予定。
2020年

2019年度運営+調整予定。
学生講師派遣および教材提供など、
他団体中間支援を予定。

2021年〜 2020年運営+調整予定。
2018年 2017年度運営+特進クラス(英会話)の開設を予定。
収支内訳 ※2015年度
収入:1,507,789円
寄付金:845.289円
助成金:100,000円
事業収入(月謝、合宿参加費、出店売上含む):562,500円

支出:2,040,844円
給食費及び会場費:1,364,530円
交通費(ボランティアスタッフ交通費等)358,823円
交際費:56,951円
会議費:115,325円
消耗品費:100,301円
雑費(通信費、保険料、等):44,914円

※2016年度収支内訳は、2017年6月の東京都提出以後に公開予定

卒業生からのメッセージ

ステップアップ塾で学んだこと
都立白鴎高校1年 K.K さん

私は中学1年生の時から3年間、ステップアップ塾に通わせていただきました。おかげで初年度からステップアップシート(計画・実行・ふりかえり・改善)への記入を通じた目標立ての大切さを学び、1年の3学期には念願のオール5を取れるようになりました。
大学生の先生たちがすごく親身に勉強を教えてくれたので、それが心の支えとなり受験も乗り切ることができたと思っています。
みんなと美味しい給食を食べられたことも、すごく良い思い出です。
支援をしてくださったみなさん、本当にありがとうございます。

2017年4月

その他、子どもたちの喜びの声

分数が苦手で、今の学年の問題もちんぷんかんぷんでしたが、理解できるようになりました。
中学一年生 男子
家で勉強する習慣がついたので、数学だけでなく他の教科の成績も上がりました。ありがとうございます!
中学2年生 女子
学校以外の友達が出来て嬉しい!それから給食も超・美味しい。
小学5年生 男子
勉強が好きになった。毎日塾があったらいいのにな、と思う。
小学6年生 女子
勉強が好きになった。毎日塾があったらいいのにな、と思う。
小学6年生 女子

例えば、皆様からのご支援があれば、こんなことができます

10,000円の寄付
でできること

20人の学生ボランティア
講師に1回分の交通費を
支給できます。

10,000円の毎月寄付
でできること


プリンターを設置し、
生徒に必要な補助教材
が印刷できます。

3,000円の寄付
でできること


1人の塾生に年2回、全国
学力テストを受けさせる
ことができます。
3,000円の寄付
でできること


1人の塾生に年2回、全国
学力テストを受けさせる
ことができます。

支援者へのお礼

クリスマスシーズンに、
子ども達からお礼状
送らせていただきます。
事業年度終了後、支援者
限定
レポートおよび学級通信
を送らせていただきます。

学生講師の慰労とお別れ会を
兼ねたBBQに
ご招待
させていただきます。

学生講師の慰労とお別れ会を
兼ねたBBQに
ご招待
させていただきます。

よくあるご質問

ステップアップ塾は、なぜ新宿を本拠地として活動しているんですか?また全国展開はしますか?
世界一の繁華街であり、かつさまざまな人種の集まる新宿は世界一格差の大きい街といっても過言ではありません。そして国内の私立大学の中で最も優秀な大学の
一つ早稲田大学の本拠地は新宿なので、学生との連携を見据えた上で最も可能性のある街だと判断しました。また全国展開は無理のない形で、徐々に実施します。
ステップアップ塾は、新宿区民しか通えませんか?また日本人しか通えませんか?
当塾は設立当初より新宿区民に限らず、どなたでも入塾を受け入れいています。また同じく、日本語による教材と指導がわかる方であれば、国籍を問わず入塾が可能です。
ステップアップ塾は、定期的な会計報告をしていますか?
ステップアップ塾の運営団体であるNPO法人維新隊ユネスコクラブが、毎年会計報告を行っています。詳しくは団体ホームページをご覧ください。
ステップアップ塾への寄付は、税制上の優遇措置を受けられますか?
残念ながらまだ優遇措置を受けることはできません。2017年度の運営から、認定NPO法人取得に向けての取り組みを始めたいと考えています。
ステップアップ塾は、物資の寄付も受け付けていますか?
はい。受け付けています。教室に必要な物資は、ノート等文房具の他、ステップアップ塾ホームページの「ほしいものリスト」をご覧ください。
ステップアップ塾は、定期的な会計報告をしていますか?
ステップアップ塾の運営団体であるNPO法人維新隊ユネスコクラブが、毎年会計報告を行っています。詳しくは団体ホームページをご覧ください。
ステップアップ塾はあなたのご寄付を、
次世代の教育の機会を平等にするため、
有効に活用することをお約束します。
プロジェクトを支援する
ご自由にお決めいただいた金額を、銀行振込やクレジットカードで支援が可能です。
継続的なご寄付は、長期的な目線で子どもたちの成長と自立を促すことにつながります。